ダイエット中のカルニチン摂取について

ダイエットやボディメイクで、サプリメントを摂取するのが当たり前になってきましたが、カルニチンは摂ってますか?

L-カルニチンは脂肪燃焼に必須の栄養素。

今回は、Lーカルニチンについて考えました◎

mai
私はいま、産後ダイエット中で、なおかつ授乳中のため、かなり調べてます…!
スポンサーリンク

Lーカルニチンは通常の食事で足りてる?

健康状態が正常であればサプリメントは必要ない?

カルニチンは脂肪をエネルギーに変える際に必要な栄養素で、ダイエットのためには大切な栄養です。

でも…普段の食事で補えないのかな?と疑問に思い、調べたところ、健康状態がよくバランスの良い食事をとれていれば、サプリメントで摂取する必要はないとのこと…!

通常、カルニチンは身体に必要とされる十分な量が体内で産生されるが、遺伝的理由や医学的理由により、十分な量を産生できない一部の個人(未熟児など)にとっては、カルニチンは条件付きの必須栄養素といえる

mai
ここで書かれる『条件付き』というのが気になって続きを調べると、こうありました。

健康な小児および成人は、1日に必要なカルニチンを肝臓および腎臓でアミノ酸のリジンとメチオニンにより十分な量を合成するため、食物やサプリメントから摂取する必要はない

mai
え?いらないの?

こんなにもカルニチンのサプリメントが販売されているのに、摂取の必要はない…??

ではなぜサプリメントが売られているんだろう?と、さらに疑問が増えたので(笑)、調べてみました。

L-カルニチンの摂取目安量は?

摂取目安量はない?

mai
そもそものカルニチンの摂取目安量を知っていますか?

L-カルニチンは、先ほどの文章からもわかるように、必須栄養素とはみなされず、摂取基準量などは設定されていません。摂取目安量はありませんが、一日あたりの上限量は1000㎎とされています。

摂取目安量については、色々なところで違った数値が勧められていて、運動量によっても人それぞれ違います。

私は、DNSの公式サイトを参考にして、上限の1000㎎を越えないように500mgを目安にしようと考えました。

サプリメントを飲む必要はある?

本来は外部から摂取する必要はないと言われるのは、そもそもカルニチンは体内で生成される成分だから。「リジン」と「メチオニン」というアミノ酸から作られています。

でも、体内での合成速度が遅いため、一時的に不足してしまうことがあるんです。

特に不足するのは運動時。

運動をしている時に、脂肪をエネルギーに変えてくれるカルニチンは要求量が高くなるんです。

mai
ダイエットのために運動しているのに、もったいないですね。

こういった理由から、サプリメントが販売されているということだったんです…!

食事で補えるカルニチンの量

カルニチンは何に含まれるのか?
カルニチンが不足しがちなタイミングは運動時だとわかりましたが、そもそも普段の食事で摂れているのかが気になりますよね…!

mai
私は500mg摂りたいと思ってるので、足りているか調べました!

カルニチンがよく含まれているのは食肉です。牛肉100gには131㎎、ラム(子羊肉)には80㎎、豚肉100gには70㎎程度のカルニチンが含まれています。

他にも、あさり100gには24㎎程度、秋刀魚100gには17㎎程度と含まれています。

例えば、実際の私の一日の食事で考えてみました。

とある日のmaiの食生活

  • 朝ごはん
    →白ご飯+お味噌汁+お漬物
  • 昼ごはん
    →小松菜と豚肉の炒め物+湯豆腐+納豆+白ご飯
  • 夜ご飯
    秋刀魚+セロリ浅漬け+きんぴらごぼう+白ご飯+味噌汁

とある日の食事で考えるとカルニチンが入っているのは、秋刀魚と豚肉ときんぴらに入った少しの牛肉。一日のトータルで500mg摂りたいのに、実際は87mgほどしか摂れていませんでした…!(驚)

mai
授乳中は栄養を母乳として出しているけど、母・子共に足りてるのだろうか…!?

そこで他にも情報を探し、産後ダイエットの場合に特に気になる“授乳中におけるカルニチンの考え方”の情報をまとめました。

スポンサーリンク

授乳中はカルニチンが不足する?

赤ちゃんの頃は、L-カルニチンの生合成が殆ど行われませんが、母乳中には高含量で含まれているため、赤ちゃんは母乳からL-カルニチンを補給できているんです。でも、月齢が経つにつれて母乳中のL-カルニチン含量は減少していきます。

月齢に関わらず、母親の食生活に偏りがある場合は、母乳中のL-カルニチン含量が少なくなるため、積極的にL-カルニチンを補給する必要があります。

mai
離乳食を始めた娘。卒乳が近くにつれて、母乳を飲む量も減るのでカルニチンの量が気になりました。

当たり前ですが、離乳食が始まると母乳摂取が減るので、赤ちゃんが摂取できるL-カルニチンも減っていきます。

L-カルニチンは食肉に多く含まれますが、離乳食でお肉をたくさん摂るわけにもいかないため、やはり母乳からの摂取が大切。

授乳中の母親がバランスよく摂取できているかが大事ということがわかりました。

バランスの良い食事を心がける

授乳中のカルニチンについては、すごくバランスの良い食生活を送っている場合は、特に摂取の必要はないと言われています。

でも、私のとある日の食事では、摂取したい目安量500mgには全然届いていませんでした(涙)

そこで、少し太り気味になってきた夫と一緒にカルニチンのサプリメントを飲むようにしています。

mai
いくつかのメーカーを確認しましたが、授乳中NGと書かれていないネイチャーメイドを選びました!

3粒が摂取目安量で510mgとなりますが、私は食事で100mg弱は摂れていると思うので、飲むのは2粒にしています!

産後ダイエットを頑張っているママさんの体や、赤ちゃんのことを考えると大事な栄養素。

普段の食事を見直して検討したい栄養素ですね◎

ー追記ー 2018.8.18
100円サプリなどのセール企画をやっていて有名なオーガランドのカルニチンに切り替えました!

定期購入だと、1ヶ月分で697円だし送料無料です。しかも特別なキャンペーン以外なら、定期コースはいつでも解約できるとか…。

mai
それでこの価格…!と思って切り替えました。笑


L-カルニチン

商品ページにあるダイエットとカルニチンの関係の解説もわかりやすかったです◎

スポンサーリンク
あなたにオススメな記事