constipation

便秘の時、憂鬱な気分になって

mai
何もしたくなーい

と思ったり、なんだか体がなまっているような感覚になったりしていたので、“便秘と憂鬱の関係”を考えてみました!

便秘の原因は、水分不足や、食物繊維不足など食べ物が原因であることもありますが、私の症状から考えると、自律神経の乱れが大きく関わっているようでした。

スポンサーリンク

便秘と憂鬱の関係

便秘だから憂鬱?

便秘だから憂鬱になるというのは、あながち間違いではないみたいでした。

お腹の不快感や、出なくてイライラするといったストレスにより、憂鬱な気持ちになるという流れです。

でも、必ずしも便秘が原因で結果として憂鬱になるだけではないんだと気付いたことで、セルフケアの仕方を改善するきっかけになりました!

便秘と憂鬱は同時に起こる

私の場合、思い当たる便秘の原因といえば、自律神経の乱れでした。

便秘の原因と言われるのには、水分不足や食物繊維の不足、反対に食物繊維の摂りすぎなどがありますが、自律神経の乱れも原因の一つです。

mai
「便秘になる→憂鬱になる」の流れだと考えていましたが、自律神経の乱れは便秘の原因でもあるし、憂鬱な気分になる原因でもありました。2つの悩みの原因が、自律神経の乱れだったんです。

自律神経が便秘の原因?

便秘の原因は自律神経の乱れ

腸の動きは、自律神経に支配されています。便が出る仕組みは、ぜん運動腸という腸が動いて便を外に出そうしてくれるから。

胃に食べ物が入ると反射が起こり、全運動が始まり、便が直腸に達すると大脳に指令が送られて便意をもよおすという仕組みです。

自律神経が乱れていると、この一連の動きが正常に行われず、便秘につながります。

自律神経とは?

mai
そもそも自律神経とは何だろうって知りませんでした。笑

自律神経とは、無意識のうちに体の機能を調節してくれる神経のこと!

呼吸・脈拍・体温・消化・免疫・ホルモンをはじめ生命維持にかかわるあらゆる働きを支配いています。

自律神経が乱れるとは?

自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」という2つの神経があり、この2つは相反する働きをしています。

交感神経は“心身を緊張させ、興奮状態に導く役割”、副交感神経は“心身をリラックスさせ、鎮静状態に導く役割”があります。

自律神経の乱れとは、この2つの神経のバランスが崩れることを言います。バランスが崩れると、精神的な不調や、内分泌、免疫など心身ともに様々な不調(便秘や下痢、動悸、めまい、頭痛、憂鬱感など)が出てきます。

簡単にできるセルフケア

自律神経のバランスを整えるには、ストレス対策が必要!

簡単にできるセルフケアといえば、ストレッチとウォーキングです。

体を動かすことで、脳にセロトニン(主に精神を安定させる役割)やドーパミン(快感や多幸感を得る)が分泌され、ストレス対策になります。

他にも、深呼吸や入浴、音楽を聞いたり、好きな匂いを嗅いだりするのもストレス対策の方法です。

mai
気分転換に姿勢を正して深呼吸したり、アロマスプレーをシュッとしたりしてます♡
スポンサーリンク

生理前に便秘になりやすい

ホルモンが関係する便秘

生理前の便秘には、女性ホルモンが関係しています。

生理には、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが関わっています。

この2つのうち、便秘に関わっているとされるのがプロゲステロンです。

生理前は子宮の収縮を抑えて、水分を身体に溜め込むように働くプロゲステロンの分泌が盛んになり、腸管の動きも抑えられるために、便秘になりやすいんです。

生理前の便秘対策

生理前に限らずですが、便秘対策として「食生活の見直し」・「適度な運動」・「薬の利用」があります。

食物繊維の不足や摂りすぎに注意し、水分を十分に取ること、それに適度な運動はダイエットにとっても大切です♡

妊娠中・授乳中でも飲める便秘薬

授乳中は、薬やサプリメントを飲むのにもすごく気を遣いますよね。

でも、授乳中でも飲める便秘薬を見つけましたー!

母体及び胎児に影響を与える成分は配合されておりませんので、服用してもご心配いりません。

便秘と憂鬱対策をして快適ライフを

毎日の生活の中で体の調子が悪いと、ダイエットも何だか進まないですよね…。

自律神経は見えなくて状態の様子がわかりにくいですが、何か不調を感じた時はしっかり休みましょう!

mai
ダイエットもお肌の調子を整えるのも、急いでもいいことがない!自分の体と相談しつつ、たまには休んだり、薬に頼るのもありだと思いました♡
スポンサーリンク
あなたにオススメな記事